image.png (32.7 kB)

GitHubには GitHub Pages という機能があって、静的なサイトを無料で公開することができます。
このブログも、GitHub Pagesでホストしています。 risacan/risacan.github.io

GitHub Pagesには独自ドメインを適用することができます。私はお名前.comでrisacan.netというドメインを取得して、GitHub Pagesのドメインとして利用しています。

これまで、GitHub Pagesで独自ドメインを使う場合は、外部サービスを使って設定しない限りは http 通信のみの接続でした。しかし、最近になって、GitHub Pagesでホストしていて、独自ドメインでも、簡単に https 通信の設定ができるようになりました。その手順をメモしておきます。

Troubleshooting custom domains - User Documentation
スクリーンショット 2018-06-29 0.53.37.png (352.9 kB)
https の通信設定をするためにはDNSの設定が必要だそうです。
以下のいずれかのIPをドメインのAレコードに登録する必要があります。

185.199.108.153
185.199.109.153
185.199.110.153
185.199.111.153

さっそくお名前.comにアクセスして設定しましょう。
お名前.comめっちゃ見づらいのですがどうにかしてドメインごとのDNS設定画面に移ります

名称未設定.png (509.6 kB)

そして指示どおりにレコードを更新します。
ドメインNavi-3.png (192.0 kB)

ターミナルを開いて、dig コマンドで設定を確認できます。

🌸 dig risacan.net

; <<>> DiG 9.10.6 <<>> risacan.net
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 23203
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 2, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 1

;; OPT PSEUDOSECTION:
; EDNS: version: 0, flags:; udp: 512
;; QUESTION SECTION:
;risacan.net.            IN    A

;; ANSWER SECTION:
risacan.net.        29    IN    A    185.199.108.153
risacan.net.        29    IN    A    185.199.109.153

;; Query time: 52 msec
;; SERVER: 192.168.86.1#53(192.168.86.1)
;; WHEN: Fri Jun 29 00:44:26 JST 2018
;; MSG SIZE  rcvd: 72

うまく設定できてるっぽい smiley

しかしながら、この時点で https://risacan.net にアクセスしても、エラーがでてしまいます
スクリーンショット 2018-06-29 0.47.21.png (19.0 kB)

該当repositoryのSettings > GitHub Pages > Enforce HTTPSの欄をよく見ると、最大24時間、Certificationに時間かかるかもだから、待っててね〜とのこと。
スクリーンショット 2018-06-29 0.47.30.png (259.9 kB)

しゃーなし、気軽に待つか〜と思いつつ何度かリフレッシュしたら、すぐ適用されました。
スクリーンショット 2018-06-29 0.53.16.png (17.7 kB)

Settingsの方にもチェックマークがついてる white_check_mark
スクリーンショット 2018-06-29 0.52.16.png (232.8 kB)

個人サイトもHTTPS化したし、ぐっすり眠れます sleeping